未病セルフ保健室


上記の写真は未病で一番大切なことを掲載しました。手洗い、体重測定、血圧測定、体温測定は常に励行し、自己の数値を常に把握することは大切なことです。医療機関に健診を受けて「異常はありません。」と言われた場合であっても一般の数値としては正常であっても自分の数値が普段の数値と異なっていれば異常値なのです。現在の検診は身長、体重、筋肉質等はあまり考慮に入れず画一的に数値により診断を下します。従って、被検査者にとって正確な正しい正数値は出ません。患者が普段から数値を把握することは重要なことなのです。

健康診断も、毎年受診してその結果を保存し、比較分析をすることが重要なのです。医師の「異常ありません。」の言葉に安心してはならないのです。そのためには、毎年、同じ検診施設で受診することが良いと思います。比較分析が楽だからです。

未病管理を徹底して一度しかない人生を大切に、健康寿命を延ばしましょ。

未病セルフ保健室  お問い合わせ ←